加齢臭対策ナビ

加齢臭とは?

頻繁に話題になる加齢臭は、中年以降の方からにおう体臭のことを意味しています。

 

比率は中高年の男性が占めていて、加齢臭を臭わせることで近くにいる人たちから冷たい視線を浴びることがあります。

 

多くの場合は40歳代になったあたりから少しずつ増えてくるようですが、中高年なら確実に加齢臭を発するかと言えばそうではないのです。

 

加齢臭のカテゴリに入っていても、強い臭いを発生させる方と、不快な臭いのしない方がいるのです。

 

きちんと適度な運動を行っていたり、脂を控えるといったような食事に気を付けている場合には、加齢臭を発生させることはないのだそうです。

 

一方で、体を動かすことに消極的で食事は脂質が多いという状態ではいずれ加齢臭を生じさせるようになります。

 

加齢臭の根本にあるのは、「ノネナール」と呼ばれている成分です。

 

ノネナールの発する臭いについては、古雑誌、ブルーチーズ、蝋燭、押入れなどの臭いに似た感じと言えるでしょう。

 

言葉だけで表現するのは容易ではない臭いですが、それに煙草や足から出る臭い、汗臭さなどがプラスされ、悪臭がするようになってしまうのです。

 

中高年期に足を踏み入れると、加齢臭の不快度を高めるオヤジ臭い臭いがミックスされます。

 

加齢臭は体のどこか一部分から発生するというよりは、まさに全身から発生しているのです。

 

これにより、加齢臭を改善するためには香水など他の芳香と相殺させるような考えはやめ、悪臭の元を断つことが極めて重要なのです。

 

場合によっては20代くらいには加齢臭を生じさせることがありますから、若い方も絶対安心ということにはなりません。

 

悪臭を漂わせる加齢臭を改善するには、速やかに臭いの元になっている要素を除去することが重要です。

 


加齢臭と体臭の違い

世間に加齢臭や体臭というワードが知れ渡っていますが、分類の仕方まで把握している方はそういないでしょう。

 

体臭というのは、汗と雑菌などが合わさって体から発生する臭いのことを意味しています。

 

このため、基本として加齢臭も種類としては体臭に該当することになります。

 

日常で、スポーツを行った後などに、汗臭さが気になったことはないでしょうか。

 

体臭の正体はこれなのですが、体臭の中にこれまでにない不快な臭いを見付けることができたのであれば、この臭いが加齢臭と考えられます。

 

加齢臭は普通、汗の臭いとはかけ離れた表現し難い臭いを出します。

 

世間では古新聞やロウソクなどの臭いと例えられていて、室内に留まってしまいます。

 

仕組みとして体臭と加齢臭は異なる発生までのプロセスを持っていますが、同一の体から発生する臭いなのです。

 

このため、食事メニューや生活習慣の見直しを行うことで、体臭や加齢臭を撃退することができます。

 

加齢臭は本人が引き起こしていることを知らないケースがあり、他人に迷惑をかけてしまっているというようなことも少なくありません。

 

体臭と加齢臭は混同されがちですが、臭いを嗅ぐ側からすれば疎ましいのは加齢臭です。

 

体臭に関して言えば、身に着けるものや体を常にきれいにしておくことで軽減することが可能です。

 

ところが加齢臭に関しては、懸命に石鹸を用いて体を擦っても必ずしも臭いがなくなるとは言えません。

 

加齢臭を弱体化させるには、原因とされている成分のノネナールを抑制させることが条件です。

 

詳しくは、最初に生活習慣を管理することから開始しましょう。

 

喫煙や飲酒のみならずストレスも結果的に臭いを招きますので、見逃さないようにしましょう。