イオン銀行住宅ローンの審査が甘いことのメリットとデメリットは?

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

支払期間は非常に長いので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険にも加入するように言われます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残った借金が0円になる。

という事で、残された家族にもありがたい保険です。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのがイオン銀行住宅ローンです。

申し込み方法はいたって簡単で職場や自宅近くにある銀行でも良いですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

または、不動産屋から紹介される金融機関にするやり方もあります。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合10年に渡って控除を受けられます。

その場合年末調整では受付不可なので確定申告を自分でする形になります。

何千万という高額な単位の住宅ローンなので、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

何を差し置いてもその金利の安さはどこにも負けず、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

近々、マイホームを購入したいと考えている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、約10%を税金として支払う義務があるのです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

今ではイオン銀行住宅ローンにもいくつか種類があるので、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、アドバイスを受けるためだけにお金を払いたくない方が多いです。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、無料で相談できる場合もあるので是非参考にしてみましょう。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

まずは返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、どれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

近い将来、自分の家を建てたいと思っている方は必ずと言ってよいほど火災保険への加入も勧められます。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、高いお金を払う必要があるのかと思う方も多いでしょう。

けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合にもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなく住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。

このような事にならないように、加入しておけばあなただけでなく、ローンを提供した側も助かるのです。

こうした場合に必要であることを、把握しておくと良いですね。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、お互いが納得のいく内容で取り決めをしていく必要があります。

家を売ってお金にするという方法もありますが、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、どちらかが残りの返済を迫られることになります。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、間に合わせるために、利用する単発的なローンです。

普通は、家が建ってから住宅のためのローンが始まるので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

こちらは、通常金利と比べてもとても高く一日毎に計算されるので一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

信頼をおける銀行が見つかったら、まずは相談してみて納得のいくプランを選べるように準備していきましょう。

参考サイト:イオン銀行住宅ローンの審査に通るには?審査基準甘い?【申込み方法】

念願のマイホームを決めて、いざイオン銀行住宅ローンを組もうとしたけど審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。