住宅ローン借り換えの審査はどうなっている?

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても慎重に行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ厳しい審査が待っています。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。
借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。
借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。
ですが、借り換えをして必ずメリットがある。
という訳ではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所はまずないでしょう。
借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。

楽天銀行の借り換え諸費用は高い?フラット35!【金利・手数料が安い!】