高収入な看護師は転職で給料アップねらえる?

看護師と介護士の業務で、一番違うことは、なんといっても、看護師は医師の指示を受け、いわゆる医療行為ができることでしょう。
誰しも転職に不安はあるもの。
そもそもなぜ転職したいのかを見直してみては?その時は大変だと感じるようなことがあっても、あとになって振り返ってみると、自分の成長になったと感じることがあるかもしれません。
注射などの医療行為は、看護師だけができるのです。
疲れやすく、ストレスも感じる仕事ですが、自負を持ち、この職業しかないと思う看護師が何人もいるのは、しっかりとした責任感や使命感があるためだと言えるかもしれないですね。
看護師は医療ミスとは無関係だと思われている方がおられるかもしれません。
まれに医師による手術の失敗をニュースで報じることがありますよね。
でも、注射であったり点滴の投与を間違えたりすることもあり、最悪、訴えられてしまったという場合も看護師には考えられる事態です。
全国のナースの年収は平均して437万円程度です。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として勤めているため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上昇率も民間の病院より高く、福利厚生も手厚くなっています。
准看護師として勤務している場合は、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いです。

看護師転職で高収入?東京都の給料相場を徹底調査!【平均給与は?】